状況に応じて見直しを入れること

状況に応じて見直しを入れることちょうどバブルが終わりの頃、マンションを購入したのですが、あと少しで辛かった住宅ローンが終わるので、本当にホッとしています。

我が家では月々の返済を少なく、ボーナスで多めに返済の設定にしており、ボーナス時には30万を返済していました。

子供が小さいうちはそれで問題ありませんでした。子供にはお金がかかりませんし、景気も良かったからです。

ところがバブルが崩壊し、景気が悪くなったことから主人のボーナス額も半分くらいになってしまいました。その上子供が二人になり、大きくなり今では教育費にお金がかかるようになったのです。

当然ボーナスで30万も払わなければいけないのが、ものすごく家計を圧迫するようになりました。

数十万の経費はかかりましたが、ボーナス返済額を20万くらいにするプランで住宅ローンの組み換えをしました。金利も当時よりもすごく下がっていましたし、諸経費を払っても納得できる返済内容になりました。

住宅ローンは数十年単位の長期なので、見通しを立てていても家計状況が変わることも大いに考えられます。

状況に応じてその都度見直すことは、とても大事な事だと実感しました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ