変動型にして少し後悔しています

2011061960219_2私は以前住宅ローンを組む際に、金利は変動型にしました。住宅ローンの金利には「固定型」と「変動型」があります。

「固定型」は市場の金利が上がっても、そのままの金利が適応され、「変動型」は市場の金利が下がった時にも上がった時にもそれに合わせた金利になるのが特徴ですね。

私が変動型を選んだのは固定型よりも初期設定の金利が低かったため、また、これから金利は下がるだろうと予想していたためです。

しかし最近になって、この選択が本当に正しかったのか不安になってきました。というのも、アベノミクスなどの関係で、これから金利が上がると噂されているからです。今のうちに変動型の人は固定型に変えるべきなんていう声も聞こえて来て、とても迷っています。

もちろん全てが予想できるわけではないのですが、最初から安心できる固定型にしておけばこんなに動揺してしまうこともなかったのかなあと少し後悔しています。

固定型なら返済総額もわかって返済計画も立てやすいですしね。今さら言っても後の祭りですが・・・。

競売はデメリットばかり

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ