住宅ローン早めの計画が大切です

住宅ローン早めの計画が大切です住宅ローンを組むのには勤め先が必須で、十分な収入が証明できれば、1000万円でも2000万円でも借り入れることができます。

言うまでもなく契約する本人が勤めていることが大切で、さらに保証人が署名、捺印することで借りられます。

例えば、約2000万円の家を約30年の分割払いで購入するケースが珍しくありませんが、その人の一生をかけて毎月支払っていくという長期プランになります。

おおよそ契約者はその契約に不安の一抹もないことが多いですし、返済不能になる恐れはほぼ考慮しません。

だいたいの家では購入時に住宅ローンを利用するものと考えていますが、どのぐらい利用されているのかについては現在のところ知りません。一括払いすることがあるのかもしれないし、住宅ローンを利用せずに賃貸で暮らしていくのかもしれません。

返済期間が約30年とすれば、25歳の時に契約すると返済し終わるのが55歳になり、定年前ぐらいの年齢になります。

45歳では75歳になってしまいますから、断然早く決断して若いうちから返済していく方が良いですよね。

家を買うと決めてから、ローンについて真剣に調べ出し、期間が足りないと慌てるのでは遅いのです。20代前半のうちから計画を立てていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ