住宅ローンには組める年収と年齢制限がありました

住宅ローンには組める年収と年齢制限がありましたマイホームを購入しようと思っている段階で、たいていの人は頭金を少しは用意しているものですが、実はこの頭金って用意してなくても良いんですよね。

物件購入の価格として他に様々に掛る諸経費も全て込みで、住宅ローンとして借りてしまえば良いのです。

実際にローンの申し込みに行った時に、そう説明を受けました。

では、何で頭金が必要なのだろうか?と思いますよね。実は借りられる住宅ローンの限度額は、年収と年齢によってある程度の制限が設けられているそうなのです。

おおよその目安として、正社員でしっかりとした勤務年数もあるという事は絶対条件として、借りられる金額は例として年収およそ400万円で2000万円がギリギリ

年齢が若ければ支払える期間が延びるので、また話は変わってくるという事ですが、意外と年収が高くないと住宅ローンは簡単に組めないものなのです。

そして、住宅ローンの申し込みができるのは60歳になる前で、更に正社員を退職する前までであり、80歳になる前には完済できるくらいの金額までが借りられる目安という話しでした。

そこで出てくるのが「頭金」。初めに頭金を多く支払えば、結果住宅ローンを借りる金額が減るので、年収が低くてもローンが通りやすくなるという事なのです。

やはりマイホームは若いうちに決断するか、頭金をしっかりと貯めるか、住宅ローンを使わず現金一括購入かが良いようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ